あがり症の原因を知る


あがり症を知るには、まず原因を探ることも必要ですね。

敵を知れば悩みの解決への道も早くなります。

実は、あがりやすい原因とは横隔神経にあるという考えがあります。

あの横隔膜を動かす神経で、横隔膜と喉に直結しています。

緊張すると、しゃっくりが出る人がいますが、しゃっくりも横隔膜が激しく動き、かつしゃっくり独特の音も喉から出ますね。

緊張を強く感じたり不安に覚えることがあると、横隔神経が過敏に反応します。

さらに、あがり症は神経伝達物質のノルアドレナリンにも関係が深いのです。

ノルアドレナリンが分泌されると、交感神経が刺激を受けます。

そうすると心拍数があがり、汗もかいて、あがり症の症状が出てきます。

慣れていない場面で話をしなくてはいけなかったり、何かをする時に、あがってしまって失敗したらどうしようという不安感が先に強く出てしまい、それで必要以上にコンプレックスを感じてしまうこになります。

本当は違うのに、あがり症だと思い込んで緊張してしまったり、自分に自信が持てなくて、あがり症の症状が出る人もいます。

あなたは、どんな場面で、そしてどのように緊張するのか考えてみませんか?

それが分かれば解決策もきっと見つかります。

あなたの望み通りの行動が取れるようにきっとなれます!




★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法