あがり症は遺伝する?


あがり症克服する方法を調べる時に、遺伝かどうかを気にする人も多いようです。

しかし、あがりやすいかどうかは意識の発達上での後天的な症状とされ、遺伝とは違うようです。

実際にお喋りな親と無口な子。またその逆もよくあります。

あがり症の症状が出やすいのは、思春期の頃からが多いようです。

実際に悩む人は、特に20〜30代の女性に多いようです。

いつなるか、どういう状況でなるかは、またそれぞれの性格、個性。また、家庭環境(特にどのように親からしつけられたか)でも違いがあります。


ところで、あがり症は基本的に遺伝とは言えないのですが、ある意味、遺伝的な要素もあります。

それは、セロトニンの関係からです。

実は、セロトニンの分泌が少ないとあがりやすいのですが、特に日本人の場合は、民族的な遺伝で、このセロトニンの分泌が少ない傾向にあります。

そのため、日本人は、どちらかというとあがりやすい民族と言えます。

この観点から行くと、あがり症と遺伝は全く関係ないとは言い切れないことになりますね。

しかし、あがり症は克服することは十分可能です。

あなたにあった克服方法をみつけましょう。



★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法