対人恐怖症の分類


あがり症Wikipedia(ウィキペディア)でチェックしてみたら、対人恐怖症のページに飛びました。

分類的にはあがり症は対人恐怖症に入るようです。

そこで、大元である対人恐怖症について調べてみました。

あがり症等の対人恐怖症とは、人と関わることが苦手で、ついつい接触を避けたり、恐れ、パニックを起こす状態に陥ることが多いですね。

日本独特の「恥の文化」が影響しているようです。

西洋的な、他人から非難される事を恐れる恐怖とは違います。

自分の行動が他人にどのように見えれるのか、この行為が迷惑に感じられるのではないかなど、考えやすい傾向があります。

いわば国民病?

西洋的に、個性を大切にする思考では、このような対人恐怖症はあまり報告されていません。

日本でよく見受けられる「集団」の中での「個」という存在。

上下関係、近所付き合い等、大切にしてきた文化ゆえんの病気でしょうか。

あがり症は日本人は多く見受けられます。

対人恐怖症では、当然あがり症だけでなく、赤面症、多汗症、視線恐怖、体臭恐怖症、そして電話恐怖などが多くみられます。

また、何かほんのちょっとしたきっかけで、あがり症になる場合もあります。




★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法