あがり症と赤面症


あがり症克服する方法を考えるために、まず現れやすい症状を見てみましょう。

特に多いのが赤面症です。

その名の通り、人の前に出て緊張すると、顔や耳とかが赤くなってしまう状態のことです。

これは、赤面恐怖症、赤面恐怖、赤面癖とも言われています。

この顔が赤くなりやすいのは、あがり症の人に一番多く見られますね。

実際には、そこにいる人達から注目されて落ち着かなくなり顔が赤くなるのではなく、皆から良く見られたいという気持ちが強く出てしまうのが原因と言われています。

好きな異性の前や、尊敬していたり逆に気に入らない先輩や先生、上司などの前では、この赤くなる症状がより強くなりがちです。

それ以外にも、以前、顔が赤くなってしまったことを指摘されたことがあって、ますます恥ずかしく感じ、それがきっかけであがり症・赤面症になる場合もあります。

一種のトラウマですね。

好きなために良く思われたい、嫌いなために、見返してやりたい…そういう思いのように、原因も様々なので、対処方法も、それぞれ違ってきます。

なかなか難しいことですが、その人を意識しすぎないようにすることも大切です。

また、赤くなるのが嫌で、人から離れて生活するような状況になると、かなり深刻になります。

その場合には、病院の精神科とか診療内科で受診する必要も出てきます。


人前に出て緊張するのは当たり前のことです。少しずつ、開き直る癖を雰囲気を作っていきましょう。



★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法