あがり症と多汗症


あがり症の症状が強く出てくると、緊張のあまり汗が出て、ハンカチで拭きながら話をすることもよくあります。

特に、手のひらに多く汗をかく手掌多汗症と言われるものです。簡単に手汗症ともいいますね。

そして、顔にたくさん汗をかく顔多汗症の方がおおいようです。

もちろん、それ以外にも、頭や脇の下、足の裏など色々です。

脇に汗を多くかくと、ワキガと勘違いする人もいるくらいです。

多汗症は、体質から来るものではなく、緊張したり不安を強く感じた時に急に大量に汗をかく症状のことです。

夏の暑さとか冬の寒さも関係ありません。

精神的な不安からくるものなので、緊張をほぐすように、普段からアロマをたいたり、ゆっくりとした音楽を聴いたりして、精神状態を穏やかに保ちたいですね。

緊張するのは当たり前のことです。

あまり恥ずかしいとか考えずに、気にしないようにしましょう。

汗をかくのは当たり前!
緊張するのも当たり前!

あなたが気にするほど、周りは気にしていませんから、安心してとりくみましょう。


★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法