呼吸法であがり症対策


あがり症克服する方法として深呼吸が挙げられます。

あがってしまうと、心臓がバクバクして、呼吸もついつい早くなりますよね。

そこで、しっかりとした呼吸法をマスターすることによって、あがり症の症状を抑える効果が期待出来るのです。

あがり症の症状が出ると、自律神経が乱れて心臓がドキドキします。そして顔が赤くなったり、声が震えたりしてしまいます。

これらは、なかなか自分で意識してもどうにも出来なかったり、意識すればするほど却ってひどくなります。

そこで、それらを意識せずに、呼吸に集中するのです。

ゆっくりとした深呼吸をすることで、次第に頭もスッキリしてきて気分が落ち着いてきます。

お勧めなのは、腹式呼吸です。

姿勢を正して背筋を伸ばし、口から息を吐きながらお腹をへこませます。

体内の息を全て出し切ったら、次はお腹をふくらませながら鼻から息を吸っていきます。

気持ちを楽にして続けて行くと、次第に冷静さを取り戻し、あがり症の症状も緩和出来ます。

また、おまじない的に「自分は大丈夫!」と言ったり、「落ち着いてきた…」と実際に口にするのも良い方法とされています。


呼吸法なら、あがり症の対策としても人気があり、薬を使わない方法なので副作用の心配もありません。

マスターすることが出来れば誰でも簡単に出来る方法です。


気分を落ち着かせたい時には、あなたも試してみてくださいね。



★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法