あがり症と薬


あがり症症状が強く出過ぎた時などに、薬物療法があります。

薬物療法というと、ちょっとびっくりしますが、ようするに医師の診断で処方された薬で対処するということです。

出来ることなら、薬は飲みたくないと思っていても、あがり症の症状が辛い時には、薬の助けをもらうことも必要です。

あがり症の人に見られる、動悸、手の震えなどを薬の服用で抑えるものです。

この時に処方される薬は多岐に渡っていて、精神安定剤を始めとした向精神薬、β遮断薬(βブロッカー)などがあります。

もちろん、あがり症は薬で完治できるようなものではありません。

あくまでも、あがり症を克服するきっかけと考えてください。

なかなか治らないから、もっと強い薬を…と、薬に依存するのは良くありません。

また、薬ですから副作用があることも認識して服用する必要があります。

たとえ動悸や震えが一時的に収まっても、副作用が出てかえって体調を崩してしまっては大変です。


あがり症の克服のために強い作用を持つ薬も多いので、医師の診察が無いと服用出来ないものもあります。

医師や薬剤師から、きちんと説明を受け、納得した上で服用するようにしましょう。



★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法