あがり症と精神安定剤


あがり症治療克服する時に、精神安定剤を利用するのは効果が高いと言われています。

しかし、精神安定剤という名前だけで、使うのをためらう人も多いですね。

もともと精神的疾患の患者さんが服用する薬ということもあり、飲むのは怖いと考えるのかもしれません。

それでも、きちんと医師が診断し、必要とされる場合には、あがり症の克服のために、とても効果が期待できます。

不安なことはきちんと医師や薬剤師に納得できるまで相談してください。


精神安定剤にも、色々ありますが、あがり症のために多く使われているのが、坑うつ剤の一種ですが、SSRIです。

SSRIは効果が感じられるまでに、だいたい2週間くらい必要とします。

すぐに効果は感じられないので不安になったり、また服用している間は、禁酒も必要です。

しかし、副作用も少なくて眠くならないので、よくつかわれるようです。

万が一、少しでも早くあがり症の症状を抑える必要があるのなら、ベンゾジアゼピン系の薬があります。

かなりの高い効果、そして速効性があります。

ただ、アルコール禁止は同じですが、眠くなりやすい上、正しい量などを守らないと依存症になりがちです。

また長い期間服用していると効力も薄れてきます。

精神安定剤は、医師の説明をきちんと聞いて、細心の注意をはらって服用する必要があります。




★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法