β遮断薬で克服


あがり症克服する方法として、治療に使われている薬にβ遮断薬があります。

β遮断薬とは、高血圧や心筋梗塞、不整脈などに使われている薬です。最近では、あがり症の症状にも効果が認められたたろに投薬治療に用いられるようになってきました。

効用としては、発汗、動機や震えなどを抑えます。

この薬は、身体の器官にあるβ受容体に働きかけて、ノルアドレナリンなどの神経伝達物資の影響を妨げるために、あがりにくくなります。

この薬の利点は即効性があることです。

飲んでから約1時間ほどで効果が出て、冷静さが保たれるようになるために、面接とか、スピーチなど必要がある前に時間を見計らって飲んで調整することが出来ます。

さらには、定期的に飲むことによって、少しずつあがり症の症状も出にくなったりします。


しかし、即効性ゆえに、逆にこのくすりに依存してしまう危険もあります。

飲まないと、自分はもう落ちつけいなという感情が出てしまい、薬が無いと落ち着かなくなり緊張してくるようになります。

また、喘息や心臓障害の為の薬剤との併用が禁忌です。そのため、この薬の服用は、くれぐれも医師の判断により、きちんと説明を受け、納得したら注意事項をきちんと守ることが必要です。



★お勧め情報★


あがり症を克服する方法
65,089人が成功したプロ直伝のあがり症克服法